応用地域学会



「応用地域学会」は,地域科学に関する学際的な研究を促進する目的をもって, 1987年12月に「応用地域科学研究会」として創設されました。



【1】 2019年度 第33回 ARSC研究発表大会は、佐賀大学本庄キャンパス(大会実行委員長 亀山嘉大 教授)が開催校となり、2019年11月23日(土・祝)、24日(日)に開催の予定です。
大会ホームページ  (準備中)

【2】 第10回アジア地域科学セミナーは、応用地域学会担当で日本開催となります。
詳細決まり次第ご案内いたします。
【3】 Journal「RURDS」編集委員長は、フィリップ・マッカン 氏(University of Groningen)、鄭小平 氏(立命館大学)、宇野公子 氏(東京外国語大学)となりました。「応用地域学研究」の編集委員会については「JARS 投稿要項」をご覧下さい。

【4】  2018年度の坂下賞は、選考委員会(委員長 政策研究大学院大学 城所幸弘)の審議により、伊藤亮 氏(東北大学大学院情報科学研究科 准教授)に決定しました。

【5】 応用地域学会論文賞」(Best Paper Award of ARSC)は、<応用地域学研究>ならびに<RURDS>に掲載された学会員の優れた論文を顕彰するため、2013年度に創設されました。
 2018年度は、選考委員会(委員長 慶應義塾大学 河端瑞貴)の審査の結果、下記論文が選考されました。
 
 論文名:AIRPORT PRIVATIZATION COMPETITION INCLUDING DOMESTIC AIRLINE MARKETS
 掲載誌:Review of Urban & Regional Development Studies 29(1) (2017) pp. 1-17
 著 者:Akio Kawasaki(Faculty of Education, Kagoshima University)
           (受賞時所属:川ア 晃央 大分大学経済学部准教授)

【6】 応用地域学会の英文ジャーナルRURDS(Review of Urban & Regional Development Studies)は、オンライン化されており、“Wiley Online Library” のウェブサイトから閲覧できます。会員の皆様の閲覧のための説明(登録)は、こちらです。


ARSC事務局は,(株)メッツ研究所(担当:光井明日香)が担当しております。学会宛のご連絡は下記へお願いします。

  〒162-0805東京都新宿区矢来町126 NITTOビル5F 潟<bツ研究所内 応用地域学会
Tel.03-5227-7804   Fax.03-5227-7807    Email: